家族葬を選ぶ人が増えているわけ

家族葬を選ぶ理由はいくつかありますが、一つは高齢化社会が進んでいるためだと考えられます。退職してずいぶん経った後に亡くなることが一般的になっています。老人ホームに入ったり、福祉施設や病院といった場所で亡くなることも増えています。かつて親しくしていた人々と付き合いが減っている中で亡くなるケースが多いため、葬儀に参列する人が減少方向になっています。加えて付き合いがあった人たちも高齢になっていて、葬儀に参列できないということもあります。大がかりな葬儀は周りに負担をかけるので、家族だけで簡単に見送ってほしい、と思う人が増えています。

核家族化によって、家族があちこちに散らばっており、大がかりな葬儀を行うため皆が集まれないという理由も挙げられます。考え方が多様化しており、宗教や宗派にとらわれないという人が増えているため、家族葬を選ぶという人もいます。昔はタブーだと思われていたことも、今はそうではなくなり、自由に選択できるようになっているものもあります。例えば昔は、お通夜や告別式を行わない、というのは考えられなかったかもしれませんが、家族葬はこれらの儀式を行わない、という選択も可能です。

不況が続く中、なかなか高価なお葬式を挙げられないということもあります。お葬式に高額な費用をかけるより、遺族に遺したいと思う人も増えています。経済的理由から選択する人も多くいます。家族葬だと招く人数も少人数で済みますし、食事やお通夜の後の宿泊先など、様々な費用が抑えられます。