家族葬とは?どんな流れで行う?

最近は家族葬を行う人々が増えてきました。具体的には葬儀社によって多少異なりますが、少人数の葬式、30名以内程度の参列者が集まる葬式のことを指します。会社の人などを呼ばず、大規模な告知をせずに行われます。

自治会などのお知らせで亡くなったことを知らせる場合は、勝手ながら故人の遺志のため、家族葬にするということを丁寧に伝えることが大切です。近親者のみ行うため、弔問、香典や供花等のお心遣いは不要だ、ということも書き加えると周りの人々も気を遣わなくて済みます。

家族葬の流れは、他の葬式とあまり変わりません。お通夜、告別式を経て火葬を行う流れが一般的です。お通夜、祭壇などは自宅に設置することが多く、大きな会場を準備しない傾向にあります。儀式を簡略化したい場合は、一日葬や直葬という方法を取る場合もあります。一日葬はお通夜をせず、告別式だけ行う方法です。そのあと火葬場に行き火葬します。近しい人が他県にいる場合、一日で行事を終えてすぐ帰ることができるので、この方法も最近増えている家族葬の一つです。直葬とは、お通夜、告別式を簡略するやり方で、火葬場で読経を行い、すぐ火葬する方法です。簡素で短時間で終了します。

いずれの場合も、家族や少人数の親族で食事をすることが多くあり、葬儀場で頂くこともあれば、自分たちで会食を別に行うこともできます。しきたりはあまりなく、家族が同意しているのであれば、省略化したり簡素化したり、柔軟に変更することが可能です。故人が望んでいた方法で見送ることが可能です。