家族葬の際のマナーと気を付けること

なるべく静かに葬式をしたい、というのが家族葬の目的なので、招かれていない場合は出席を控えるのがマナーです。その場合弔電を打つことは構いませんので、お悔やみを伝えることもできます。招かれた場合は、普通の葬儀と同じマナーで構いません。故人をしのぶ時間を大切に参列できるといいでしょう。その後のマナーも、一般的な葬式と特に変わりはありません。一周忌を過ぎたあたりから法要が小規模化していくため、そののちの法要もこじんまりと家族と親族だけで行います。

家族葬を行いたい場合は、家族との良いコミュニケーションが必要です。誰しも元気なときにお葬式の話などしたくない、と思うものですが備えは大切です。家族に負担をかけない葬式にするため、自分の希望を遺書として残す、という選択をする人もいます。自分の信条や希望は口頭の約束では守りにくいため、文書に遺すことは重要といえます。葬儀の費用を積み立てておくこともできるでしょう。普通の葬式より安く費用を抑えらえるとはいえ、急にまとまった金額が必要なことに変わりはありません。遺族のために、現実に即した準備をすることも大切です。

昔ながらの気風が残っている地域や、規模の大きい葬式を良いとする風潮がある場合には、生前から親族に自分の希望を伝えておくと良いでしょう。家族葬はどうしても参列できる人数が限られるため、地域の人などを呼ばない傾向にあるからです。水くさいとか礼儀がない、という嫌な感情を相手に抱かせないためにも、事前のコミュニケーションが必要です。